AutoCircuS

概日リズム観察ソフト

circadian rhythm

Auto Circusとは?


AutoCircaSは定点カメラで小動物を長時間撮影し、その画像群を自動で解析するソフトウェアです。小動物を認識し、その座標を求め、移動距離や2匹間距離等様々な解析をすることができます。

産業技術総合研究所バイオメディカル研究部門石田時間生物研究チームと共同開発させて頂き、研究者の声をそのまま実装したパッケージとなっております。

名古屋大学等に納入頂き、主にサーカディアンリズムや季節時計等の基礎研究用途として使われてきました。

ベーシックソフト 撮影ソフトと一匹の移動距離を計測する事ができます。
2個体分析パック 個体の位置座標を特定し、2個体間の距離を計測できます。また、閾値を設け一定距離より近づいた割合を解析する事ができます。
ゾーン分析パック 指定したゾーンの滞在割合を計測する事ができます。例えばケース(ウェル)を4分割して個体がそれぞれの場所に滞在した割合を計測します。
カイ二乗パック 小動物行動の周期長解析を行う事ができます。

ソフトウェア詳細


Basic model

ベーシックソフト


1匹の移動距離を計測

【撮影モード】
1秒毎、または10秒毎に画像を撮影します。1ヵ月等長期の撮影が可能です。当ホームページで販売しているソフトウェアは1カメラのみの対応になります。それ以上は特注品対応とさせていただきます

【解析モード】
30秒、1分、5分、10分、30分、1時間等、一定時間の移動距離を全自動で算出する事ができます。

【出力】
結果はExcelで扱えるCSV形式のファイルで出力されます。PDF形式でグラフが出力されます。

計測例

ショウジョウバエの活動リズム

生物は一日の中でよく活動する時間帯があることが知られています。例えば、ショウジョウバエでは朝と夕方です。グラフはAutoCircaSで測定したショウジョウバエの活動を表したグラフです。

ショウジョウバエの求愛活動リズム

雄は一生懸命雌に求愛活動をしますが、ショウジョウバエの場合、不思議な事に夕方になるとその行動が減少します。グラフはAutoCircaSで測定した求愛活動の頻度を表したグラフです。

Data provided by AIST, Ishida Group of clock gene
【データ提供】産業技術総合研究所バイオメディカル研究部門石田時間生物研究チーム

between
2 specimens

2個体分析パック


2匹間の距離を計測

個体の位置座標を特定し、2個体間の距離を計測できます。
また、閾値を設け一定距離より近づいた割合を解析する事ができます。

解析中の様子

Zone analysis
and static ratio

ゾーン分析パック


指定したゾーンの滞在割合を計測

指定した矩形範囲内に滞在した割合を算出する事ができます。
最大48分割(6×8)矩形の細分化ができます。
オープンフィールドテスト等にも使えます。

Chi-square test

カイ二乗パック


カイ二乗検定を用いて周期解析

このカイ二乗検定を用いる事により、1匹の解析、2匹の解析での結果に周期性が見られる場合、周期長が何時間なのかを解析する事ができます。

ご使用方法


USB Keyを送付します


Basic modelをファイル転送サービスを通してダウンロードしていただき、それと同時にUSB KEYを弊社より送付いたします。

起動前に


USB KEYをPCに挿していただき、プログラムファイルを実行してください。
USB KEYを指さなければ実行することはできません。

ご購入にあたり


最低限用意するもの

カメラと照明系、パソコンを用意してください。

(必要であればインキュベータ)

※ヒアリング後、弊社でも用意可能です。

撮影注意事項

カメラを固定して被写体を撮影してください。
【重要】 陰影をつける
被写体が周りに比べて黒く映る事(陰影がはっきりしている)が重要です。

解析注意事項

カイ二乗検定を用いた日周期解析をするときは最低3日間の撮影が必要です。

ユーザーボイス


公益財団法人 国際科学振興財団 時間生物学研究所 石田研究室

専任研究員 兼ラボマネージャー

川崎 陽久(農学博士)

実験で、ショウジョウバエの行動解析を行っています。これまでの作業は、測定装置でショウジョウバエの行動データを取った後、コンピューターにデータを移して解析するという流れでした。不便に感じていたのですが、AutoCircaSでは、測定から解析までの一連の作業が、全てこの装置一台で完結しており、自動的に結果が出せるため、非常に助かっております。今まで使っていた行動測定装置はインキュベーター内で使用する前提でしたが、AutoCircaSはそれ自体が温度と光を制御する機能を持つため、別途でインキュベーターを購入する必要がありません。狭い実験室でも、場所を取らずに設置できるのは良いですね。かなり長期間に亘る行動測定が可能な点も、評価いたします。

ご購入


必須お名前(漢字)
必須フリガナ(カタカナ)
会社名/研究室名
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須お電話番号
その他

株式会社タイセーについて


ソフトウェア開発

AutoCircaSの機能追加も承ります!

AutoCircaSの機能に何か追加したい場合も承っております。NDAを交わしての開発も可能ですが、もし当ホームページで公開OKであれば、特別価格で提供させていただきます。

特注ソフトウェアも承ります!

上記スタンダード製品の他にも特注ソフトウェアも承っております。NDA(秘密保持契約書)を交わしての開発も承っております。

ハードウェア開発

ハードウェアの開発も請け負っております。温度制御、照明制御、筐体設計等でお客様の新規研究系を0から立ち上げます。
(ヒアリング後、お見積もり)

会社名株式会社タイセー
代表取締役岩城 かく子
設立年月1970
会社住所千葉県鎌ヶ谷市東鎌ヶ谷3-23-54
電話番号047-446-2221
URLhttp://e-taise.co.jp/
Emailinquiry@e-taise.co.jp

お問い合わせはこちらから